しんのすけとどうぶつの国

『しんのすけとどうぶつの国』
金沢にお住まいで自閉症と知的障害のある松元伸乃介さんが書かれた本です。

登場する動物たちはみんな笑顔のキャラクターばかり。
所狭しとたくさんの動物たちが描かれているのが非常に印象的です。
下書きもなしでスラスラと描く姿をテレビで拝見して、絵心のまったくない私は憧れてしまいます。

たまにはこんな本もいいですね。
松元 伸乃介

歯列矯正の無料相談を実施しています

※毎月第一週の土日、第三週の土曜に相談日を実施しています。お気軽にお電話ください。(ただし、学会等の都合により変更となる場合があります)

前の記事

歯が痛い

次の記事

サツキの開花