歯科定期検診

突然ですが、歯科の定期検診の必要性については多くの方が
必要であることはご存じのことと思います。

30年前までは医療において「予防」という概念は存在しませんでした。
その後、年月を経て定期的な検診においいて病気の早期発見、早期治療という
考え方が広まりました。
歯科界においても同様で今や歯科検診という言葉は一般化しております。
しかし、実際に国内の歯科検診に定期的に足を運んでいるのは僅か5%にとどまります。
世界医を見てみると、スウェーデン80%、アメリカ70%と日本の受診率とは
比べものにならないくらいのひらきがあります。

日本では痛くなったら歯医者に行くのが一般的ですが、
欧米では虫歯が無くとも定期的に歯医者へ足を運び歯科医師の診断を受けます。
歯は一度失うと二度とは元に戻らない臓器です。

幼少の頃から歯磨きの習慣を身につけ、虫歯にならないよう
自己管理していただくことはもちろんですが、
どんなに丁寧に歯磨きをしていてもついてしまう歯石やタバコのヤニ、
紅茶やコーヒーなどによる着色は歯医者さんで落としてもらうことをお勧めします。
この定期的なクリーニングこそが虫歯や歯周病の予防に効果的です。

自身の歯が白くなるとお口や歯に対する関心も高まり
心も体も自然と前向きになります。

投稿者プロフィール

crown

歯列矯正の無料相談を実施しています

※毎月第一週の土日、第三週の土曜に相談日を実施しています。お気軽にお電話ください。(ただし、学会等の都合により変更となる場合があります)
歯医者

次の記事

処暑